第30回 OB合同記念定期演奏会

 創部36年目にして、本格的なOB会参加の定期演奏会が企画出来た。
この企画は、約2年の期間かけて計画してきた。
 当時の2回生が主力となる今回の演奏会、そして、周りの回生が強力し進められた企画。
この企画が成功すれば、OB会そのものの活動も今後ステップアップして行くだろう。
 長い間の小生の活動は、毎年、パンフの原稿依頼を受け、定期演奏会を聴きに行くだけの活動であった。
聴きに行っても、ほとんど知らない若手のOBばかり。
 卒業して10年もたつと、誰も知らない状態にみなさんなっていませんか。
当時の仲間もいなければ、一人で寂しく聴いて帰るだけ。次の年は、なかなか足が運びません。
 しかし、OB活動が活発になり、各年代の方々がちらほら顔を出し始めると、懐かしい顔見たくなり、定演を楽しみに昔の仲間が遠くから集まり出します。
 現在、そのような状態になってきています。
今後、OB・OGのみなさんにもっと参加して欲しくて、今回の企画を実行しました。
 だらだらと、話の中身がわからないことを書いてしまいましたね。


第1回 OB合同 定期練習 平成18年9月23日(土) 

集合時間は、午後3時 3時〜6時過ぎまで約3時間の合奏練習
小生トランペットパートなのでトランペットの取材写真が多いのご容赦を!
うれしかったのは、古参OBが当日4人も参加、それも遠く、島根、鳥取、八鹿町から 日帰りで練習にかけつけて来てくれました。
トランペットパートは現役君に参加費用を支払い楽譜分けをしている所です。
フルートパートは廊下でパー練
とりあえず 全曲通し練習しました。


古参の記念写真

現役さんの練習

パート分け作業

いよいよ練習開始

次ページへ