2005年8月21日(日)

神院大  吹奏楽コンクール関西大会へ

 OBのみなさん 現役の関西大会の活動記録写真公開します。
リハーサルは第2ホール。朝10時30分の出番まで慌ただしい半日みたいでした。

リハ室での写真 フラッシュ無しでしたので かなりぶれています(∋_∈)

戻 る


OB会長の日記

<関西大会の客席で涙が・・・>

8月21日 朝7時39分 滝の茶屋発の電車に乗り出発。
我が吹奏楽部の応援に出かける。
JR塩屋で乗り換え なんと 大津まで電車代 片道2000円もする。
ま けち話はおいといて

電車の中では、兵庫県大会の録音を繰り返し聴いていた。
9時すぎ 大津駅へ到着
ここから 徒歩 5分ほどで 大津市民会館へ到着。
たくさんの学生さんがいた 楽器を積んだトラックも何台か
うちの吹奏楽部は どこか探す。
ま 神戸ナンバーのトラックをさがす。
現役君の4回生と3回生の顔はわかるんですが・・・
 (現役のみなさんごめんなさい)

おっ!いた 知った顔が(^。^)
近くに ティシュたちOBも4人ほどいた。
間違いない 近づいて行き 
「おはよう」「がんばって」と挨拶をした。
もっと こましな挨拶言葉は 思いつかなかった(^^ゞ

出番が10時30分ということで 楽器運びに大忙しであった。
結局 大太鼓等は OBが運ばなければ、人でがたりない。

おじさんの私まで、学生に混じって楽器運び。
少し恥ずかしかった(^^ゞ
周りからは引率の先生って感じだったのかな?

年は もちろん 現役君の父親である。(^。^)

そのまま リハサール室へ そして舞台裏へ打楽器の運搬。
途中アクシデントがあった ドラムのバチが紛失したのだ。
でも 大丈夫 見つかりました。OB連はあわてましたよ。
なんせ 我々が運んでいたのだから。

いやー もう 汗だく

松井先生にも 手伝ってくださいと言われ 勇気いっぱい手伝わさせていただきました。
いやー コンクールの舞台裏の緊張感 伝わってきます。

現役の本番 舞台へ送り出してから 若手OBさんと客席へ。
先に行ったOBさんが 場所取りした場所から 私を呼んでくれました。
嬉しかったなー。やはり 年は違うけど同じ仲間なんやなーと実感。(^_-)

さあ 幕が開きました。
緊張感・・・
頑張れよ・・
間違うな・・・

演奏が始まる いやー 上手い!
聴いているうち だんだん 涙がこみ上げて来るではないか・・・
泣くな・・・ 隣の若手OBに気づかれないよう・・・ 泣くな・・・
でも 涙が止まらない・・ おまけに 鼻水まで出てくる・・
35年の歳月・・・・
なんか 学生時代の想いがどんどん思い出され走馬燈のように目の前を流れていく。
どんどん曲は進んでいくが 曲の中へ 私の思いが吸い込まれて行く。
なんか 懐かしい仲間がステージにいる錯覚になってくる。
タオルで涙を拭く

俺のやりたかった夢を実現してくれた 後輩たちにありがとう。
35年の歳月が過ぎ 私の子供の年代がそれを実現してくれた。
ほんとに ありがとう・・・・
そして いままで 私の創部した吹奏楽部を引き継いで来ていただいたOB諸氏にもありあがとう・・・・・
 言葉に代える言葉がありません  なんか夢のようです。

がんばれ 神戸学院大学吹奏楽部 関西でNO.1の すてきな吹奏楽部になって下さい。

神院大吹奏楽部サウンドファン &  OB会長